• アンケート広場
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

医療費の助成制度について

乾癬の治療を長く続けるためには,患者さまご自身が,医療費の負担軽減に役立つ助成制度の存在を知り,上手に利用していくことが有 用です.
ここでは,医療費を助成する制度をいくつかご紹介します. どのような助成制度があるのか,実際にどのような助成が受けられるのか,治 療を受ける前にしっかり確認しましょう.

詳細につきましては「患者さまの医療費負担について」をご覧ください.

負担金の一部が戻ってくる「付加給付制度」

企業の健康保険組合や共済組合などでは,所得に関係なく,1ヵ月の医療費の自己負担額が限度額(例:2万円)を超えたとき,超過分の金額を払い戻す「付加給付制度」を定めている場合があります.
付加給付制度は,各保険組合が独自に定めている制度のため,取り組み方は保険組合によって異なります.詳しくは,ご加入の保険組合にご確認ください.
→お問い合わせ先:ご加入の保険組合

付加給付制度のモデル例

1ヵ月の医療費自己負担が5万円で加入組合の限度額が2万円だった場合

※1:申請方法や限度額は,保険組合によって異なります.

申請により還付金が得られる「医療費控除」

1年間で支払った医療費の総額※2が10万円(総所得金額が200万円未満の方は総所得金額の5%)を超えると,医療費控除を受けることによって,所得状況に応じた還付金が得られることがあります.

計算式:還付金=(1年間で支払った医療費の総額- 10万円)×所得税率

医療費控除を受けるためには,確定申告が必要です.
また,医療機関から発行された領収書は必ず保管しておきましょう.
→お問い合わせ先:税務署

医療費控除のモデル例

1年間の医療費の自己負担額が60万円のときの還付金額※2
(3割負担,年収600万円の場合)

(1年分の医療費の自己負担金額60万円-10万円)×所得税率20%=10万円

10万円の還付金が戻ってきます.

課税所得所 所得税率
195万円以下 5%
〜330万円以下 10%
〜695万円以下 20%
〜900万円以下 23%
〜1800万円以下 33%
1800万円超 40%

※2:付加給付金や生命保険から戻ってきたお金は,差し引きます.

学生に適応となる「医療補助制度」

大学などの学校では,独自に学生の医療費負担を補助する制度を運営している場合があります.
学校によって内容はさまざまですが,なかには限度額を超えた金額を全額補助する学校もあります(例:自己負担限度額500円/月の場合,500円を超えた金額が払い戻されます).
指定病院がある場合や,手続きが必要な場合もありますので,詳しくは学生課などにご確認ください.
→お問い合わせ先:学校の学生課など

高額療養費制度

1ヵ月の医療費の自己負担額が高額となった場合に,一定の金額(年齢,世帯,所得状況に応じた自己負担限度額)を超えた部分が「高額療養費」として払い戻される制度です. 加入している保険者が窓口となりますので,詳しくは担当の保険者にお問い合わせください.
→お問い合わせ先:ご加入の保険者
・協会けんぽ(旧・政管健保)の場合→全国健康保険協会
・船員保険の場合→全国健康保険協会
・国民健康保険の場合→市町村
・その他の場合→健康保険の保険者

その他医療費負担が少なくなることがある場合

・障害者手帳を持っている場合
・生活保護の認定を受けている場合

参考:ヒュミラ®の治療にかかる費用

ヒュミラ®の治療を受けると,毎月薬剤費としておおよそ以下のような費用がかかります.

毎月の薬剤費費用※1

1割負担の場合 13,030円※2
2割負担の場合 26,260円※3
3割負担の場合 39,080円※4

※1:40mg を月2 回投与した場合の推計金額です(平成26年度薬価に基づく).
   80mg では倍になります.
※2:75歳以上で3割負担以外の方
※3:70〜74歳で3割負担以外の方
※4:70歳未満または70歳以上で高所得者など

この他,診察料や検査料などの医療費が別途かかります.

ページの先頭に戻る